いままでイボなんてなかったのに、いつの間にか首にイボができてしまっているという人はいませんか?首にイボがあることで服を選ぶ際も気を使ってしまいます。何が原因で首にイボが出来てしまったのでしょうか?首にイボが出来てしまう原因をご紹介させていただきます。

イボが首にできる原因1.紫外線ダメージ

夏の暑い日に紫外線を受けると肌が黒くなりますよね。紫外線には種類があり、肌が黒くなる紫外線はUV-B波といいます。これは、曇りの日や屋内では紫外線をカットすることができます。一方、UV-A波という紫外線はUV-B波よりも波長が長い為に曇りの日も屋内でも通過して肌にダメージを与えます。UV-A波は肌の奥まで入るために、肌のコラーゲンを破壊し、肌のたるみやシワの原因ともなります。首にできるイボは老人性イボとも呼ばれています。長年紫外線などのダメージを受けると出来やすくなります。その為に中年以降にできやすい首のイボも若い人でも首にイボができることもあります。顔には日焼け止めを塗る人ももしかしたら首にぬることを忘れていませんか?首も紫外線をうけるとダメージとなり、イボになる可能性があります。顔と同様に首も日焼け止めや日ごろのスキンケアをしてあげることで、予防にもなりますよ。

イボが首にできる原因2.イボができやすい体質

イボができやすいのは遺伝か、というのはまだ証明されていません。しかし、肌が白いことや紫外線を浴びると赤くなるのは遺伝的なものといえます。したがって遺伝でイボができるというよりかは、紫外線のダメージを受けやすい等の体質が、結果的にイボができやすい原因となっている可能性があります。親や親せきの人に首にイボがある場合には、自分もできやすいと考えて、予防をすることが大切でしょう。

イボが首にできる原因3.服や髪の毛の摩擦、アクセサリーでのアレルギー

服がこすれたり、髪の毛がチクチクと当たることも皮膚にはダメージといえます。また、ネックレスなどアクセサリーをつけて金属アレルギーになる人はよりダメージを受けていると考えてよいでしょう。なるべくダメージを避けることで、首にイボができる原因を減らすことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?首にイボができる原因は肌へのダメージが大きいでしょう。首にできたイボを早めに治療することも大切ですが、日ごろから首のケアを忘れずに、日焼け止めや化粧クリームを塗ることで予防をすることができます。普段気にかけていなかった首も、顔と同じようにケアをしてあげないといけませんね。