イボといえば、顔や体全体にできることがあります。イボにも種類があるってご存知ですか?イボには人から感染するウイルス性のものもあります。首にできるイボはウイルス性のもので人に感染するのでしょうか?首にできるイボの原因や治療方法をご紹介させていただきます。

イボはウイルスによって感染する!?

一般的に「イボ」といわれるものは、ウイルス性のものを指します。ヒトパピローマウイルスに感染することでできる良性の腫瘍です。イボを傷つけた手で皮膚の別の部分を触ると、その部分がウイルスに感染して、イボが新たにできます。ウイルス性のイボができた場合には広がらないようにイボを触らないことがよいでしょう。免疫力を上げることで自然に治ることがあります。

首にできるイボはウイルス性なの?

イボはウイルス性のものを指すといいましたが、首にできるイボは加齢によるもので、老人性イボとも呼ばれています。ウイルス性のイボと似ていますが、首にできるイボはウイルス性でない可能性があるので、人に感染することはないでしょう。このイボは肌へのダメージが原因で起きることがあります。一つ目が紫外線です。長年紫外線のダメージを受け続けることで、角質が変化してイボとして現れるのです。日焼け止めを顔には塗りますが、首にもしっかりと塗ることで紫外線ダメージを減らすことができるでしょう。

首にできるイボの療法を教えて

ウイルス性でないとはいえ、そのままにしておけませんよね。首のイボを治療する場合はいくつかの方法があります。

市販薬を使う

薬局やドラッグストアでイボ治療薬を購入できます。イボ治療薬はサリチル酸という薬剤でイボを柔らかくして、取りやすくしてくれます。治療薬をつけてすぐには取れませんし、確実にとれるわけではありません。

化粧品やクリームを使う

首にできるイボはウイルスではなく、紫外線などのダメージによるものです。首にもしっかりと保湿などをしてあげましょう。皮膚は新陳代謝を繰り返しています。ケアをすることで新陳代謝が促進されて、イボが自然と取れる可能性があります。

皮膚科へ行く

自分で取れなかったり、ウイルス性のイボなのか心配な方は、皮膚科へ行くこともおススメします。皮膚科では凍結療法といい液体窒素でイボを凍らせてから除去をする方法をとる病院が多いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?首にできるイボはウイルス性でない可能性が高いでしょう。加齢によるものですが、日ごろのケアをしっかりとすることで予防をすることができます。首に年齢が出る、といわれたりもしますので、首のケアも忘れずにしましょう。また、首にイボができたことで心配な方は皮膚科で診察をしてもらうこともよいでしょう。