イボは人へうつるって聞いたことがありませんか?首にいつの間にかイボのようなできものができてしまった人も、人からうつったものでしょうか?首にできたイボがうつるイボなのか、また、首のイボの治療方法や予防方法をご紹介させていただきます。

イボは人から人へうつる!?

イボとはヒトパピローマウイルスに感染したことでできる良性の腫瘍のことをいいます。イボを傷つけた手で別の部位を触ると、その部位が感染し、イボができます。人から人へもうつることが考えられます。ウイルス性のイボは免疫力も関係しており、免疫力を上げると自然に治ることもあります。ウイルス性のイボの場合には触らないことが大切です。

首にできたイボはうつるの?

首にできたイボの多くは、ウイルス性のイボでない可能性もあります。うつる可能性がないイボは「脂漏性角化症」という角質が変化したものと考えれます。形がイボと似ているので、老人性イボとも呼ばれます。中年以降にできる人が多いのですが、若い人でも老人性イボができることもあります。紫外線をたくさん浴びたり、摩擦や髪の毛などの刺激を受け続けると、だんだんと角質が変化してイボのような形になっていくのです。体には悪い影響はないといえますが、心配な人は早めに治療をすることがよいでしょう。

首にできたイボの治療法は?予防もできるの?

ウイルス性のイボは皮膚科で治療を早めに受けることがよいでしょう。首にできるイボは人や別の部位にうつらないので、自分でも治療をすることができます。一つ目がイボ治療薬です。薬局やドラッグストアでイボ治療薬が手に入ります。サリチル酸という薬剤がイボの角質を柔らかくして、取れやすくしてくれます。ぬって数日したら取れるのですが、確実性が薄いのですべてのイボがきれいに取れるのは難しいでしょう。
二つ目がスキンケアです。首にできるイボは肌へのダメージにより角質が変化したものです。顔には日焼け止めや化粧水を使う人ももしかしたら首を忘れてしまっている可能性があります。首のケアをしてあげることで、皮膚の新陳代謝が促進されて次第に首のイボがなくなることもあります。また首のケアをすることは、治療だけでなくイボができないようにする予防効果もありますので、積極的に首のケアをすることは大事ですね。

まとめ

いかがでしたか?イボはうつるイボとうつらないイボがあるのですね。うつるイボは早めに治療をしないと色々な部位に広がってしまいます。首にできたうつらないイボは、肌へのダメージによって皮膚がイボ状になってしまったものです。自分で取ることも皮膚科でとることもできますが、ケアを忘れると再びイボができる可能性があります。日ごろからのケアをわすれないようにしましょうね。