首にイボができたら皮膚科に行った方がいいの?

気がついたら首にイボができたと思った人はいませんか?首のイボは、老人性イボともいわれ50代くらいからできるイボです。最近では若い人でも老人性イボができる人が増えています。この首のイボの治療には皮膚科に行った方がよいのでしょうか?

皮膚科でのイボの治療方法は?

首のイボを皮膚科で治療する場合、液体窒素でイボを治療する凍結療法をする病院が多いでしょう。液体窒素でイボを凍らせた後、温めるとイボが水ふくれを起こし、イボがかさぶた状になってポロリととれます。自分で首のイボをとることができなかったり、首のイボが気になる人は皮膚科で一度診察をしてもうらうこともよいでしょう。

皮膚科に行かなくてもできるイボの治療方法は?

イボはいくつか種類があり、ウイルス感染によってイボになる場合もあります。首にできるイボは老人性イボといい、ウイルス感染ではなく、角質が変化したものと考えれれます。皮膚科に行かずに首のイボを取る方法では、イボ治療薬があります。薬局やドラッグストアで購入でき、薬剤をつけることでイボを取ることができます。簡単に手に入れることができるメリットとは反対に、デメリットとしては自分で首につけることが難しいことや、すべてのイボがとれるという確実性が薄いことがいえます。

首にイボができないようにする予防方法はあるの?

もし、首に老人性イボができた場合には、皮膚科にいったり、自分で薬を塗るなどの方法をとりますが、首にイボができないように予防をすることも大切です。若い人でも老人性イボができてしまうのは、原因があるのです。原因を抑えることで首にイボができるのを防ぐことができます。

紫外線から首を守る

顔には日焼け止めを塗って紫外線を防ぐ人は多いですが、首までしっかりと塗りましょう。紫外線を長年浴びることで老人性イボの原因となります。

金属アレルギーの人はアクセサリーに気を付ける

金属アレルギーの人が、首にアクセサリーをつけると赤くなります。このアレルギー症状でも皮膚がダメージを感じてしまい、防御反応としてイボになる可能性があります。アクセサリー以外にも服でこすれたり、髪の毛の先が首にチクチクと当たることも肌は刺激と感じて、イボになることもあります。

スキンケアをする

しっかりと保湿などスキンケアも顔だけでなく、首まで行いましょう。肌は新陳代謝を繰り返し生まれ変わりをしています。紫外線ダメージやその他の刺激で、生まれ変わりが上手くいかずにイボになってしまうこともあります。スキンケアを首まで行い、新陳代謝を促進してあげることで首のイボを防ぐことができます。
※具体的な症状例とスキンケア方法について…「【首のイボ完全ガイド】ポツポツを自分で取る方法:http://xn--u9jxfa5azlley46xm7q3t1k.com/

まとめ

いかがでしたか?首にできるイボは加齢以外にも紫外線やその他のダメージが原因です。若い人でも肌の刺激によってイボになることもあります。老人性イボになる原因を防ぐことも大切ですね。もし、首にイボができた場合には、放置せずに早めにイボを取る治療をしましょう。首にイボができて心配な人は皮膚科に行くこともおススメします。

首にイボができた!イボを治療する方法は?

イボといえば、顔や体にできたりしますが、首にもイボができます。鏡や首を触った時にいつの間にか首にイボができてしまった、という人もいるでしょう。首にできたイボは自分で治療ができるのでしょうか?首にできたイボの治療方法をご紹介させていただきます。

首のイボを治療する方法1-イボ治療薬

イボ治療薬はドラッグストアでも手に入れることができます。塗るタイプと貼るタイプとあり、イボだけでなく、魚の目やタコの治療にも使われるものです。サリチル酸という成分が皮膚を柔らかくしてイボを取りやすくしてくれます。気を付ける点は、イボでない場所に誤ってつけてしまうとピリピリとした刺激を感じます。治療薬をつけてすぐにイボが取れないので何日か塗り続ける必要があります。また、イボ治療薬をつけて全てのイボがきれいにとれない可能性があるというデメリットがあります。

首のイボを治療する方法2-皮膚科に行く

自分でイボがとれない場合には皮膚科に行くこともおススメします。また、イボにも種類があり、ウイルス性のもので感染する可能性があるイボもあります。首にできるイボは基本的にはウイルス性ではなく、加齢や皮膚へのダメージによるものが考えられます。皮膚科で感染するかを聞いてもよいですし、イボの治療をお願いしてもよいでしょう。皮膚科でイボの治療をする場合には、イボを凍結して取るやり方をする病院が多いでしょう。液体窒素でイボを凍らせて、その後に温めることでイボが水ふくれを起こし、取れやすくなるのです。一回の診察ではなく、数回に分けて治療をするので通院をしなければならいでしょう。

首のイボを治療する方法3-化粧品やクリームを使う

首のイボができる原因は、紫外線を長年受けたことや、服や髪の毛の摩擦による皮膚へのダメージでできます。60代くらいからイボができることから老人性イボとも呼ばれます。これらの原因で早い人は20代でも首にイボができる人もいます。肌の角質が変化してできた老人性イボは化粧品やクリームなどでケアをすることで、新陳代謝が促進されてイボが取れる場合もあります。また、顔と同様に首もスキンケアを日ごろから行うことで、首にイボができることを予防することができます。

まとめ

いかがでしたか?首にイボができた後に治療する方法をご紹介しました。首のイボは紫外線などの皮膚へのダメージによってできます。イボができた場合には、イボ治療薬を塗ったり、皮膚科で除去してもらえるでしょう。しかし、日ごろのケアをおろそかにすると、再びイボになるかもしれません。首のケアを行うことは、治療でもあり、予防でもあるといえるのではないでしょうか。